森山未來とかいきものがかり(放牧中)とかごちゃごちゃと
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやふやな記憶

ひとりごと

20160718 FNS番組協力 あれこれ

7月15日。
テスト前にもかかわらず何故か夜更かしをしてしまい、朝の8時すぎに起床した。私の中ではこれは早い方である。そしていつも通り朝食を取る前にスマホチェック。ほんとは依存しているみたいでやめたいのだけど気になってしまうから仕方がない。メールに関しては消していかないとどんどん溜まっていってしまうのでいつも1番最初に開く癖がある。
そう、そしてその日も素早くメールBOXをあけ内容を見ずに素早く消し、、、、

 

 

 

 

 

 


、、、??

 

 

 

 


ジャニーズファミリークラブ??、!

 

 

 

 


、、、なんか見えた、幻だよな、と思いつつゴミ箱履歴みたいなものを開き確認。
、、、当たってるやん、番協、
えっ、ぶ、ぶ、V6にあえる??、!
 
そんなわけで
朝から盛大に騒ぎましたごめんよ兄弟たち。
 
だってだって観覧なんて初めてだし、そもそも当選連絡期日からずいぶん過ぎていたので 落選かと落ち込んでいたのに!やだ!ファミクラったらいじわる!、って感じ。
 
そこから18日当日まで正直いつもに増して上の空だったクズすぎる。
 
テスト前なので 家族には適当に「用事〜〜♩」って伝えて出てきた。よかったそういうところはうちの家は全く厳しくない。
夕方のお台場綺麗だなあ〜〜とか呑気にぼけぼけ考えていたらつきました東京テレポート駅
Twitterで誘っていただいた方たちと待ち合わせはしていたのだけれど LINEを既読しているのに返さない、、そう既読無視した上で人を待たせる方たちだったのでワクワクよりもイライラしてた短気だな反省する。
まあそんなこんなで会って適当にくっちゃべって西野カナFC,関ジャニ∞FCときて整列時間になったんだけど、私の整列番号が前から6番目で驚きとかそういう感情のまえに気持ち悪いって言葉が出てきてしまった怖い最近座席運が良いのだ、、
まあ整列番号は今回はあんまり関係なかったんだけどね!(笑)
いろんな工程を経て スタジオ内へ。
もうなにより暑い!誰だよメールに寒いかもしれないから上着持ってきたほうがいいって書いたやつ!出てこい!と叫びそうになったくらい。
 
そしてそして恒例の番協練習。
うちは愛なんだだから特に書くこともないんだけどエイトの無責任ヒーローがえぐかった、、、エイトファン ツアーの度にこんなのやってんの??、!と尊敬の念を抱きました。難しかった
 
だ〜〜〜〜いぶ待たされて本番。
まだ実感がわたしはなくてぼけ〜ってしてた、というよりわたし常にぼけ〜ってしてるから通常運転だったすげえ、
 
まず西野カナ
正直あんまり好きじゃなかったんだけど(笑)、生でみるとなんでも素敵に見えちゃうのよ、これぞ beautiful world 
ファンとの掛け合いも友達みたいで ジャニ世界にはないものを見させていただいた可愛かった
 
次がエイトだと聞かされていたので
「エイトっエイトっ関ジャニっエイトっ」って飛び跳ねながら構えてたらだな、、、、
 
 
 
ブイシックストウジョウ
 
 
 
お姉さんに盛り上げてくださいね〜って言われてたんだけど そんなのいらなかったくらいブイファン歓喜、地が揺れたほんとに
わたしもまさか自分でもあんなに黄色い声(だったと信じたい)がでるなんて、、、!
最初 イノッチから出てきて 次におかだ、、そのあとはごめん記憶がない、おかだ罪深いな
 
順番回ってくるまで時間があったのでMC
Twitterで出回ってたけど記憶用に書き留めておく、
まずイノッチのエイトコールいじり
おかだが笑いをこらえながら のろうかのるまいか図っていたのがかわいかった、まあなんでもかわいいけど
次もまたイノッチのスタッフさんと観覧に感謝のコーナー(?)
いいよね自然にでるってほんとにグループをよく表していると思う、一言だけじゃなくて心の底からの感謝を伝えていた
おかだがずっとにやにやしかしてなかったのでイノッチが梅雨明けの話を振る
わたしの頭の中では(トゥユ〜〜イ〜〜リィ〜〜)って即座に流れてきたんだけど それもつかの間 おかだが口むってさせてその顎のところにマイクあてて「う〜〜んそうですねぇ〜雨ねぇ、もっと降ってほしいですねぇ、、、」みたいな感じで埒のあかない回答してましたモゴモゴしちゃってかわいかった許せない
 
まあそれで スタッフさんの指示がうまく伝わってなかったみたいでバタバタしながら愛なんだ、を
すごく近かったけど、もっともっとっておもってしまうような距離だったふわふわしてた
まあジャンプしてたのもあるんだけど(笑)
 
エイトはヨコがかわいかった以下省略。
 
いろんなファンの人とお話できて 周りにもこういう人たちばかりなら楽しいのになあ〜〜って強く感じたかなあ 1人でも大丈夫じゃんって感じ(笑)
 
またいつか行ける機会を楽しみにしておこう、